朝の随想

2014年4月~9月の半年にわたり、伝統あるNHK新潟放送局(ラジオ)の「朝の随想」に出演させていただきました。収録は、月に1回なのですが、前倒しに書けばいい1本1200文字程度の原稿が、締切3日前くらいになると重くのしかかり仕事も手につかないような時もありました。

ただ、自分の考えを言語化するというシンプルな作業の繰り返しは、今の自分の立ち位置を確認する意味でとてもいい機会となりました。終わってみると、一抹の寂しさはありますが、また呼んでいただけるように、精進したいと思っております。朝の忙しい時間に聞いていただいた全ての方に感謝申し上げます。

第8回「新潟市が農業特区へ」(2014年5月放送)

 新潟市がこの春、農業特区に指定されました。そのことによって、様々な規制が緩和されたり、撤廃されたり、大規模な農業経営が推進されます。さらに、農業以外の業種との連携が加速したりすることと思います。  しかし、ただ単に直売 […]

第7回「森のようちえん」(2014年5月放送)

 子ども達の好奇心に満ち溢れた眼差しの先には、日本の明るい未来が透けて見えるような気がします。   秋葉区には、今年4年目を迎える「森のようちえん」があります。一般的な幼稚園と違い、見上げれば大きな空が見え、寝転べば大地 […]

第6回「新しい扉を開けよう」(2014年5月放送)

 きっかけは、自然の中で子ども達と過ごした何気ない時間だったのかもしれません。  昔よく遊んだ秋葉山を、子ども達の笑顔で一杯にしたい。そう考えた私は、「自然の中で子ども達が自由に遊べる場所をつくろう」と秋葉公園のキャンプ […]

第5回「青年会議所と里山活動」(2014年4月放送)

 人と人との出会いに偶然はないのかもしれない。  出会うべき時に出会うべき人と出会う。決して早からず、遅からず。そして、出会ったことによって目の前に新しい世界が開け、「やる」のか「やらない」のかを問いかけてきます。  1 […]

第4回「穀雨に思う」(2014年4月放送)

 おとといは、二十四節季でいう「穀雨」。穀雨とは、「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉で、この時期はやわらかい春雨が降る日が多くなります。田んぼや畑を潤し、木々の芽吹きのお手伝いをします。里山では寂しかった […]

第3回「人の輪が醸す日本酒づくり」(2014年4月放送)

 それは、3人の遊び心から始まりました。  日本酒を飲みながら、気心が知れた仲間と腹の底から笑いあう。私はこれ以上の至福の時を知りません。飲み過ぎた次の日、朝ごはんが食べられない日も、夕方にはまた、「飲みたい」と思える。 […]

第2回「新潟へUターン」(2014年4月放送)

 私が高校生の頃は、とにかく家から自立したくて、というより東京に行きたくて、どうやったら両親を説得できるか?そんな事ばかり考えていました。両親は、ともに東京に行くことには反対で、地元の大学の農学部に行って欲しかったようで […]

第1回「私の想い」(2014年4月放送)

 みなさま、はじめまして。新潟市秋葉区で農園を営んでおります。高塚俊郎と申します。これから半年間、よろしくお願いいたします。  ところで、皆さんは、トンボが羽化するのを見たことがありますか。私の住んでいる地域では6月下旬 […]

3 / 3123