2017年5月15日

新之助の田植え。

今年デビューする新之助
あなたは、もう食べましたか?

昨年までは、限定的な生産でしたが、今年は本格的なデビューの年。
賛否両論あるのは分かりますが、是非とも応援してほしいものです。

味は、好みはあるでしょうが、コシヒカリよりも大粒で食べごたえがあります。
タンパク値を抑えた栽培をすれば、コシヒカリを超える触感になると思います。
単稈で肥料を振りたくなる品種だけに、そこが課題でしょうね。

何はともあれ、我が家の新之助、全力で育てます!
食べたい方…秋に「食べる会」でもやりますか(^◇^)

2017年4月10日

韓国のテレビ番組が取材に。

韓国の旅番組が取材に来ました。
農業というよりは、テーマはお米。お米由来の食材で作ったお料理を食べるという取材だったので、かる~く考えてたんですが、結構時間がかかりました。
17時頃~21時頃…ですので4時間も頑張ったことになりますね。
これで30分くらい流れれば頑張った甲斐はありますが、放映はもしかすると…1分くらいでしょうか…。5月の連休中に放送されるという事ですので、楽しみです。
…日本じゃ見れないんですが…。

旅人は、 チョンハノンさん。正直言ってキレイな女優さんならテンション上がったんですが…
代表作としては、色々あるそうなのですが、日本でわりと有名なのが「朱蒙」チュモンに出演しているとか…。
残念ながら、ドラマは見ないので、知りませんでした。
また、秋に別の企画できます。と言い残して、お帰りになりました。
料理の撮影シーン。

食べる前の撮影。


チョン・ハノンさんと2ショット。

2017年3月15日

菌ちゃん元気野菜づくり。

3月10日~12日、2泊3日で長崎に行ってきました。
佐賀県との県境、何もない山奥です。

 

新潟市では、全8区の幼稚園・保育園で、家庭で出る野菜くずを使って、
子ども達と「土ごと発酵」を体験し、その土で野菜を育てる「菌ちゃん元気野菜づくり」を実施しています。
目に見えない微生物だって、土だって、野菜だって、人間だって、生きている。
全ての「いのち」と手を取り合って、私達は生かされている。

私たちが食べのこした野菜くずや生ゴミや雑草を使って、
土の中の微生物(菌ちゃん)を元気にし、
野菜の天然のバリアであるセルロースやファイトケミカルをしっかり作ることで
病害虫に強く栄養価の高い元気野菜を作る。
それが「菌ちゃん元気野菜づくり」です。

体験活動の3日目には、糸状菌が目に見えるようになり、いろんな生き物が繋がって
生きていることを実感する。

 

菌ちゃん先生こと吉田俊道さんのホームグラウンドに研修に行ってきました。

子ども達に伝わるように話すスキルや知識なんかより

想いが伝わってきました。

やっぱり、百聞は一見に如かず。
無事にアドバイザー資格も頂きました。

 

カステラも九州ラーメンとも無縁の九州旅でしたが、

現場の空気感を感じること以上に大切なことは無いな。と実感した3日間でした。

2017年2月19日

コロボックル物語。


小学生の頃、読書が大好きだった私は、図書館で夢中になって読み漁った本が沢山あります。そのうちのファンタジー部門No1が、佐藤さとるサンの「コロボックル物語シリーズ。

空想の世界に引き込まれ、現実と空想の境目が分からなくなっていた時もありました。
カエルを見ると、コロボックルが中に入っているのでは?と思ってみたり、意味もなく「ルルルルル」と喋ってみたり、ふきの葉を見ると、下に小人がいるのでは?と思ったりしていました。

そんな夢を頂いていた佐藤さんも、先日お亡くなりになりました。人はいつか亡くなってしまいますが、この物語は不滅です。今も私の家の本棚に並んで、たま~に読まれるのを待っています。

良く、昔の音楽を聴くと、その頃の記憶が戻ってきたようで楽しい気分になれる。といいます。
確かに音楽もそうかもしれません。
だけど本は、昔の記憶が甦るとともに、新しい気づきさえもあります。もう一度本棚の奥に眠っている本を引っ張り出してみませんか。
子どもの頃は気付けなかった…何か、今の自分に必要な言葉が隠されているかもしれません。

2017年2月18日

農業の可能性

 


趣味でやる農業と産業に育てようとする農業は全く違う。

東日本震災の瓦礫の中からイチゴの栽培をきっかけに這い上がった筆者の意見が辛辣です。
「良く人工的な最先端農業を否定し、自然農法に執着する人がいる。」
「自然農法にこだわるのは、食べ物が十分にあって、雇用も十分にあるような満たされた者が語る論理だ」と。

心の中では、「ちがう、ちがう、蟲は腐海を守ってるんだって!」とナウシカみたいに否定したくなるけど、上手く言えない。
多分、この方と言い争っても何も生まれないし、その争いに勝てる気もしない。
実際、私自身が自然の中でそのまま生きている訳でもなく、人工的なモノに囲まれて、現代的に生きている。
だからといって、効率最優先の考え方からは幸せは生まれないと思っているので、どうベストな状態にミックスするか。それに尽きると思う。

だけど、傍観者だったり、評論家ではなく、まずやる!という姿勢は、見習わないといけない。
やらない理由を考えるのは簡単だ。
理由を考える前にまずは、行動してみる。
そこから何かが生まれることを信じて。

Page 1 of 9012345...102030...Last »